2010年5月22日 (土)

北摂エリアぶらり

車では通行不可。




でもバイクなら・・・・


そんな道大好きですgood



Cimg0988

GPSは便利だけど、やはり主役は紙地図!
これがないと始りません。


Cimg0990

Cimg0996

あった、ありましたhappy01
ツーリングマップルには載ってない細ーい道。
しかも通り抜け可能scissors

しかし大体は行き止まりのことが多くて使えないものが多く、
結局引き返すことがほとんど。



そして、この先にも地図上では抜けれそうな狭路発見sign01





Cimg1001




無理ーbearing



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

日帰りで酷道

友人に誘われて、久しぶりの”酷道ツーリング”


名神高速の桂川で待ち合わせ。
滋賀 - 岐阜 - 福井 - 京都の全行程600km!


WR250Xに乗り換えて初とも言えるロング。
覚悟はしてたけど、お尻が割れそうなくらい痛かったorz


Cimg0157_3

Cimg0152

Koutei2


酷道だけど国道。 国道だけど酷道。

そんな道が日本にはたくさんあるようです。


最短で目的地へたどり着くためのツーリングではなく、
どんな道を通るのかを目的としたツーリング。





渋滞知らずの日帰りの旅。 行きません?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

サイレンサー換装

ウチのFAZER、所有して6年の間
立ちゴケ1回 障害物にHIT1回 と地味に凹んでいる。
しかも損傷箇所はサイレンサー側部に集中。


性能的には全く問題ないけど、精神衛生的には・・・


というワケで、新品に交換することに・・・
’99 YZF-R1用のノーマルサイレンサーですが!!!

R1slpon


始め、お金もないし、何か良い方法はないかと思っていたところ


そーだ! 以前に乗っていたR1のノーマルサイレンサーが
あったはずだぞ!  確か物置の奥に・・・

おー、あったあった!  
未使用でプチプチシートに包まれていたお陰でピカピカだ♪


FAZERのエンジンはR1の物と共通だし、たぶん入るだろうし、
さっそく取り付けてみよ~♪


結果、すんなり入ったことは入ったけど、なにぶん跳ね上がりすぎ!
これではタンデムステップへまともに干渉してしまう。


あー、ダメだ、これは・・・
そして、ここで3日間ほど策を練った。


タンデムステップとシートレールの固定位置を上方向へオフセット
して角度を優先する案。  タンデムステップはあきらめて、用品屋で
売られている汎用のステーを使用する案。


どれも移動させる尺の許容範囲や強度の問題で没になってしまった。



ああ、儚い夢だったなぁ と思いつつ突っ込んだサイレンサーを
グリグリしていると・・・


あれ? このガスケット 意外と分厚くて弾力性あるゾ!
調子に乗って前に押しつつ下方向へ少しまたグリグリグリ!!


おおおおおおおぉおおおおぉぉぉ!! 
ノーマル位置で装着できたぁぁぁああ♪


あとはサイレンサー側のボルト穴を、開いたタンデムステップに
接触しない程度に下へ拡大して、跳ね上げ角度を稼いだ。
この方がエキパイ連結部への負荷も減るだろうしね。


Dtr



すぐさま試験走行へくりだしてみましたが全く問題なし!
排気音はほんの少し野太くなった程度で体感的には
出力特性に変化は見られませんでした。



おまけデータ

各サイレンサー重量

  • FAZER 5.3Kg
  • R1        4.9Kg

その差、たった-400g !

う~ん、ショボイなぁ~
まぁ、チューンとしてはアレだけど、リペアとしては大成功かな♪





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

耐熱仕様

先月末、KSR-2のサイレンサーエンドパイプに
ホースを取り付けてから二週間経った頃。


ご近所住まいのぷちぷち氏とKSRで久々の全開走行。


ばびぃぃぃーいいぃぃぃぃぃーん!


登り坂でも低中速トルクの回復は実感できた。
やはりイイ! 見た目はカッコ悪いけど、費用対効果は抜群といえよう♪


しかし、その時、悲しいできごとが・・・・


ばびいいいいいいい い い い い い い い い い い


あれ? 登らなくなったゾ Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
ホース抜けたのかなと思って確認してみると・・・


Yabure

デレ~ン
融けてみごとに穴が開いてしまっていたorz





いくら安くあがったとしても、二週間しかもたないのはチョット困るなぁ
何か他に対策をねらないとイカン。


とゆーわけで、こんなん付けてみた♪

Futa


2stオイルの缶のフタをかぶせてバンドで固定。
後からキリで適当な大きさの穴を開けて完成。


後は試験走行をしながら、ちょうどいい穴の径をさぐってみました。


今のところ、オリジナル径の5/8の面積がイイ感じのようですが、
もう少し広げてみて変化を確かめ、確定したいところ。


とにかく、これぞ「災い転じて福となす」
ホース版の一号機は融けてしまったが、そのお陰で 
耐熱仕様の ”排圧君二号” が生まれた。


さてさて、コイツの実力と耐久性はいかほどなのか・・・
またまた様子を見ていこうと思います。


それにしても、こんな情報、いったい何時誰に役立つんだろう(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月31日 (木)

理屈では

KSR-2のサイレンサーのエンドパイプ

20070531

経年でグラスウールが抜けてしまったのかノーマルなのに
結構うるさくなっていたし、内部の排気抵抗が減ったせいか
トルクも薄くなっていた。

ノーマルはグラスウール交換できないし、新品買うのも嫌なので、
ホームセンターで良さげなホースを買ってきて適当な長さに切り
エンドパイプに差込みバンドで固定して延長してみた。

う~ん、これはカッコ悪いゾ・・・でもこれで少し排気抵抗が増えて
マシになるはずだ、きっと、ウン。 と希望的観測。

さっそく、試走。

素晴らしいぃぃい! いいよコレ♪

乗り始めた当初はたぶんこんなだった。
低中速トルクも体感できるほどに回復。

パーシャル域でのエンジン回転の引っかかりも
減少して定速巡航のストレスがなくなった。

しかし燃費などの数値上の比較もまだだし、
ちょっとした思い込みが評価の邪魔をしてるかも知れないので、
しばらくはこれで様子見してみようと思ってます。

次見たときホース外して走っているのに気づいたら、

    「  な  ん  だ  嘘  か  」  と思ってくださいOTL

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月30日 (月)

質素か贅沢か

日帰りツーリングがてら、豊岡市但東町にある
たまごかけごはん屋 ”但熊” に行ってきました。

Tankuma

卵かけごはん定食(大盛り) \400

卵は好きなだけ使ってOK!

卵とご飯があれば自分ちで食べれるけど、
自分ちでは卵かけごはんの為にわざわざ
卵を何個も使ったりしないだろう。

メニューとしては簡素すぎるくらいだけど、
”何個でも”というのがある意味、贅沢ともいえるのではないか。

使用している生卵は地元産の自慢のものとの事なので、
溶いた卵に味付けする前にそのまま少し食べてみた。

やっぱり、市販のものとは違うのかなぁっって・・・
おーおー、ちょっと通みたいやん♪

でもよく考えたら市販のものを生で食べることなんか
ないので比べられるワケない。 アホか自分はorz

あ、でも美味しかったよ~ 卵かけごはん (´∀`)ノ

ちなみに昼過ぎに行くと待ち時間一時間超です。
なんか讃岐うどんブームの時を思い出した。

帰って嫁サマに報告

「ねぇねぇ、卵は使いたい放題やったんやでぇ~♪」

嫁サマ : 「ええぇー!? 卵持ってかえってきたらよかったのにィ~」

ええっとそういう意味じゃなくて・・・  ホンマこわいわ~((((;・∀・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

長浜~三方五湖ツーリング

ホントは徳島~香川方面に行こうと思ってたけどいまいち天気が・・
でも北の方は晴れそうだったので予定変更!

前々から滋賀県長浜市に”鳥喜多”という行列ができる親子丼店があると
友人から聞いてたので、ちょっと行ってみることにした。 これってもしかして人柱?

7:50 伊丹出発

いくら今年が暖かいとは言ってもさすがは11月下旬。 寒い!
これはイカンと思い、冬用装備プラス、足裏&背中にカイロ貼り付けての走行。 
もう無敵! あまりの快適さにヘルメットの中では不気味な笑い声が・・・フヒヒ

10:10 長浜 到着
しかし、長浜まで名神高速~北陸道(\2700-)使った自分は立派な負け組みです

Narande_1

営業開始は11:30からということなので、30分前にお店の前に行ってみた。
う~ん、誰も並んでない。 と思った瞬間、自分の後ろに次々と人が!
うっかり先頭になってしまった。 何かはじゅかちぃ(´Д`;)

ここでひとつの受難が。
先頭に立った者には次々と他の観光客からの質問攻撃が待っていたのである!

「何で並んでるんですか?」 「おいしいんですか?」 「有名なんですか?」って

俺だって初めてなのに、ンなことシラネーよ! (#゚Д゚) プンスコ!と思ったけど、
人の良さが邪魔して、「エヘヘたぶん」 「(有名)らしいです」と著しくエンタテ
インメント性に欠ける返答。 あ、でも、ウソつくよりはイイっしょ?

30分間苦痛で、もはや、先頭配置は戦闘配置でした。

Oyakodon_1

で、苦労のかいもあり、ようやくお目当ての親子丼にありつけました!
ふと見ると、ふんわり卵でとじられている親子丼ですが、さらにその上に生卵が
追加でのってて、つぶして食べるとまろやかな感じでなかなか良いです。

特徴的な味はしなかったけど、飽きなくて永く付き合いたい素朴な味。
近くに行ったときに寄ってみたいお店としておススメです。

12:00 長浜を出発

Wakasawann

Mikata1

Mikata2

時間もあったので北上して福井県入り。 敦賀市を通過して三方五湖に行って
きました。 レインボーライン(自二\700)の展望駐車場からは三方五湖 若狭
湾がそれぞれ反対側に確認でき、一度で二度おいしい経験ができました。

Sitteta

 ↑ 知りませんでした(当然)

14:30 さて、ここいらでタイムアップ。
天気が下り坂ということなので早めに切り上げてR162で小浜市へ抜け、あとは
南下。 周山街道~R477~R173で帰路につきました。

Root2006_11_25

17:50 伊丹着
走行距離 392km でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

妙見・蘇武林道ツーリング

再びやって来ました、兵庫県北部エリアの林道密集地帯!
7月はR9の西側に行きましたが、今回はまだ未調査だった東側を目指しました。

メインとなる妙見・蘇武林道は予想通り整備が進んでいて、一部では舗装もされていました。 道幅もそれなりにあって一般乗用車でも通れるような感じがしました。

さて、おとなしくツーリングマップに載ってる林道を楽しんでいればいいものを・・・今回もやってしまいました・・支線探索。 正直、縮尺の関係もありツーリングマップだけを頼りにした支線探索はちょっと危険を伴います。 一本の道なら迷う事もなく進んで、もし行き止まりならその道を引き返してくればいいんですが、もし枝分かれしていたら・・・ガクブル

Ksr
       支線探索の主役 KSR2

そこで役立つのがハンディGPS "eTrex"です。 自分が持っている機種は液晶画面にこれまで走ってきた軌跡を表示してくれるもので、地図機能はありませんが、ポイントを登録することで、来た道を迷うことなく戻ったり目的地への方角を示してくれたりしてとても便利です。 

しかし、どれだけ便利なツールがあったとしても、やはり基本となるのは"紙地図"です。 GPSなんて電池が切れたり故障したら一貫の終わりですからね。 というわけで、今回は別にPCから地図ソフト”カシミール3D”を利用させてもらって等高線などがしっかり読み取れる大きめの地図を印刷して携帯しました。 これで鬼に金棒です!

Gps
    GPSと印刷してきた地図(雨対策済)

Koutei
    今回の行程 カシミール3Dを使用

結局、メインの林道をほとんど走ることなく幅の狭い支線ばかり巡っていたためか、予想より時間を多く費やしてしまい、約8時間で84㎞(停止時間含む)、平均時速10㎞というノロノロツーリングとなりました。

本当は次の日にも走る予定をしていたのですが、天気があやしく、友人が乗るApeのアクセルワイヤーにも不具合が出ていたので深追いはやめておこうということになり、テントで一夜を過ごし朝早くに出発、お昼頃地元に帰ってきました。

今回は自走で行ったけどKSRでは遠いなぁ・・・ 帰りはお尻が割れそうなくらい痛かった~(;∀;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

二輪生活、充実中!

5日は舞舞と会長の3人で先週行った林道へ再アタック。 友人を蜘蛛の巣の世界へお連れする。 そして今日はFAZERで、朝から一日をフルに使って会長(XJR1300)が企画する大山ツーリングへ行った。

Cimg2257_1 
最近、林道にハマッている舞舞(Ape100)

Cimg2272

いや~、さすがに二日連続は身体にこたえる・・・しかもONとOFF。
なんかね乗り方の切り替えがうまくできないのだ。 FAZERってこんなにタンク大きかったっけ? ってな感じでしばらく乗っていてもしっくりこない。 最近はKSRで林道行ってばかりだったのが主な原因だな、きっと。 でもよく考えればゼータクな悩みだと思う・・orz

何事もバランスなんだという事を教えられたな。 気をつけようっと!  ハイ、嫁サービスもしますよ(;・∀・)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

兵庫県北部 林道ツーリング

7/16、友人の車に自分と友人のKSR2を積み、一人自走のKSR110の友人の3人で兵庫県北部の瀞川・氷ノ山林道にツーリングに行ってきました。
梅雨時で仕方が無いけど、やはり今回も雨。 オンロードなら中止にするんだろうけど足つきも余裕だし、どうせダートでグリップも大して変わらないと思って決行しました。

Sekisai
KSR2が何とか2台積載されてます

大雨にも負けずR9村岡ファームガーデン付近から瀞川・氷ノ山林道へ入ります。
最近は林道と言っても各所舗装が進んでおり、今回選んだルートの所々も断続的に舗装されていて、少し残念な気がしました。 
しかし自然災害を防ぐには正しい対策なのだろうし、我々はあくまで通らせていただいている身なので文句を言ってはいけません!
それより利用者として未舗装路では路面を荒らさないように気を遣うべきなのでしょうね。

Back3
瀞川山付近にあるロングダートに臨む3台のKSR(左端が自分)

瀞川山から鉢伏高原へ降り、スキー場に出ました。
当然、リフト等の設備以外は何も無い山だけど、背の低い草が生えていて何とも鮮やかなグリーンで気持ちよく目に優しい。

想像でシーズン中の白銀の世界と比べてみることでより一層と新鮮に感じました。

スキー場を下るとそこからも林道が続いていて氷ノ山方面に向かってじわじわと高度を上げていきます。 
時間も経ち走り慣れてきたせいか、自然と肩の力も抜けて林道初心者の自分でも楽しんで走ることができました。
Cimg2038_1
シーズンオフのハチ高原
 
Iriguchi
鉢伏高原の南側にある林道入口

後半は幸運にも雨が上がり、氷ノ山の1200m付近からの展望は素晴らしく、エンジンを止めじっとしているとこれまでは聞こえなかった野鳥の声も聞くことができて、休憩もかねて3人ともしばらく非日常の世界に浸ってしまいました。

Fukei
氷ノ山エリアからの展望

てな感じで、今回の林道ツーリングを終えました。
本来はもっと本格的なオフロードバイクで挑戦すべきところ・・・しかしそんなイイものはない! 

ではKSRでどこまで楽しめるのか? 

そんな疑問に対する答えを見つけるべく、今回のツーリングを計画、実行した。 
しかし答えはまだでていない。 
なぜなら「楽しすぎた」からだ! 
確かに12インチというホイールサイズは深い砂利にハンドルをとられやすいと感じたが、ゆっくり走ればOK! 何も本格マシンと同じように走る必要はない。 楽しく走れる領域を見つけることができれば成功なのだ。

本当は通勤&チョイ乗り用に購入したKSR2 果たしてどこまで遊びの領域を広げてくれるだろうか!?  

興味は尽きない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧